腸内環境の改善が見込める乳酸菌入りのホットヨーグルトと温度の注意点

MENU

腸内環境の改善が見込める乳酸菌入りのホットヨーグルトと温度の注意点

ヨーグルトの中には、乳酸菌が豊富に含まれています。ですので普段からヨーグルトを摂取して、お腹の中の環境を整えようと頑張っている方もいらっしゃるでしょう。
現にヨーグルトで、お腹の中の環境が改善されている事例は多々見られます。便秘が解消されている事例も、非常に多いのですね。
ところでヨーグルトを用いるのであれば、温度などは意外と大きなポイントになります。実はヨーグルトは、温めても問題無いのですね。ただ加減が大切なのです。

 

なぜヨーグルトを温めるのが良いか

 

そもそもヨーグルトを温める意味ですが、お腹に対してマイルドな物を用いるのが良いという考え方に基づいています。というのもお腹の中は、あまり冷やさない方が良いのですね。
夏の時期になると、冷たい物をよく食べがちです。それによってお腹の中が冷却されてしまう事も非常に多いのですが、それでお腹を壊してしまった方も少なからずいらっしゃるでしょう。私もそれを何度か経験していますので、その気持ちはよく分かります。

 

つまりお腹が冷やさない方が良い訳ですね。ただヨーグルトの場合は、たいていは冷蔵庫の中で保管されています。という事はかなり温度が低くなっている訳ですから、ヨーグルトでお腹の中が冷却されてしまう可能性も多々あるのです。せっかくお腹の中を改善させようと思っているのに、冷却されることでお腹を壊してしまっては、本末転倒になってしまうでしょう。ですのでヨーグルトを温めた方が良いという考えが浮上する訳です。

 

加熱し過ぎないように注意

 

そしてヨーグルトは、別に温めても問題はありません。ただ前述のようにその温度が大きなポイントで、少なくとも40度以上にしない方が良いでしょう。ですのでヨーグルトが沸騰するほど温めてしまいますと、それを飲む意味が無くなってしまいます。逆にヨーグルトの温度が30度台であれば、特に問題は無い訳ですね。
ちなみに30度ぐらいになっているヨーグルトは、いわゆるホットヨーグルトと呼ばれることもあります。ネットでホットヨーグルトに関する情報を色々調べてみますと、レシピが掲載されている事が多々ありますので、自分でも調べてみると良いでしょう。

 

ちなみにホットヨーグルトを摂取している方々の話では、やはりお通じが改善されている事例が多いようですね。お通じが悪化しているのは、もちろんお腹の中の環境が悪くなっているからです。とてもマイルドな温度のヨーグルトで、それを改善するよう試みてみるのも一法ではないでしょうか。

 

参考サイト様@乳酸菌で体質改善!免疫アップでインフルエンザ知らず